この記事は私がまとめました

monet333さん

・巷になる様々な「占い」

様々な方法で、人の心の内や運勢や未来など、直接観察することのできないものについて判断する「占い」

なんらかの「しるし」によって,秘事や未来を知ろうとする宗教行為で,世界中のあらゆる民族にみられる

未来を知りたい、目に見えない理(ことわり)を知りたい、という人々の願いはいまも昔も変わりません。古代より世界各地でそれを知るためのさまざまな「占い」が生まれ、現代に伝えられてきました

・ツイッターでは、その「占い」にまつわるあれこれが報告されています

▼占いの本を借りてきた小2の娘

図書館で占いの本を借りてきた小2の娘が、「星座とか名前の画数で運命がわかるんだって!」と興奮して言うので、「俺とお前、名前の画数も星座もまったく同じなんだけど」と教えてやったら、急激に占いへの関心が冷めてしまった。

▼死にかたうらない