セガゲームスがおくる、東京オリンピック公式ゲームアプリ『ソニック AT 東京2020オリンピック』。本作は、ソニックと仲間たちとともに様々なオリンピック競技を楽しめるiOS/Android向けアプリです。今回は配信に先駆けて、TGS2019に出展される試遊バージョンのプレイレポートをお届けします。


試遊バージョンでは、東京浅草の街を巡りながら、3種類のオリンピックゲームがプレイできました。まずは、タップでジャンプしながらハードルを超えていく「400mハードル」です。タップしている長さによってジャンプの長さが変わり、ジャンプ中に空中でもう一度タップすると着地時に加速できました。この加速アクションが気持ちよく、ソニックらしいスピード感あるレースを味わうことができます。


続いて、画面をスライドさせて的を狙い狙撃する「トラップ射撃」です。直感的な操作で射撃が行えるので遊びやすく、連続して成功すると弾を連続して発射できるモードに移行するため、得点を稼ぐ大チャンスが到来します。慎重に的を狙う精密さと、連射モードでの爽快感という2つのプレイ感が楽しめる競技でした。


最後は、相手との距離の駆け引きが楽しめる「フェンシング」です。こちらは実際のフェンシングさながらに、相手との間合いを考えながらどこに攻撃をするかという駆け引きをプレイできました。1対1で戦う緊張感がありつつ、上手く攻撃を当てられた際の演出は思わずガッツポーズをしてしまう気持ちよさがありました。

以上、iOS/Andorid向けアプリ『ソニック AT 東京2020オリンピック』のTGS試遊版プレイレポートでした。どの競技も、その特徴がしっかりとプレイヤーのアクションに反映されており、操作もとても簡単なので誰でも遊びやすいプレイ感となっていました。製品版ではさらなる種目の追加もされますので、オリンピックを観戦しながらアプリも楽しくプレイしたいですね。本作の配信は2020年春を予定しています。
「続きを読む」ボタンは表示のON,OFFがあります。
2ページにまたぐ記事の場合は入れることを推奨しております。

ここに広告を初め様々なものが挿入可能です
ここに広告を初め様々なものが挿入可能です